雨の日の外出に必須!「ベビー用レインブーツ」のマストバイはコレ♪

1
お子さんと雨の日に外出する際に欠かせないのが、ベビー用のレインブーツです。そこでベビー用レインブーツのメリットや、賢い選び方、またおすすめのベビー用レインブーツを紹介しています。

レインブーツ

 

お子さんと雨の日に外出する際に欠かせないベビー用レインブーツ。水たまりに入って遊べるように、またお子さんが濡れないようにするためにも、ベビー用レインブーツは必須アイテムです。そこで、お子さんが雨の日でも快適に歩けるベビー用レインブーツについて詳しく紹介します!

 

ベビー用レインブーツのメリットは?

ベビー用レインブーツはいわゆる小さいお子さん用の長靴のこと。歩き始めたお子さんは雨の日でもお構いなしにあちこち歩きますし、水たまりに入って遊ぶことも大好きです。レインブーツを着用しておけば足元が濡れる心配もありませんし、お子さんもママも快適に外出ができます。

 

雨の日に外出することが少ない方であればレインブーツは必要ないかと思いがちですが、雨上がりで水たまりが残っているときのお散歩や、雪遊びなどのときにも重宝するアイテムです。お子さんが歩き始めて外出することが多くなったら、必要に応じて用意しておくと良いでしょう。

 

ベビー用レインブーツの種類は?

ベビー用レインブーツは、PVCやゴム素材のものが多くを占めています。PVCは軽量で価格もお手頃なものが多いので普段使いに向いており、ゴム素材のレインブーツは断熱性や防水性が高く、滑りにくく歩きやすいので雪の日にぴったりの素材です。

 

また、レインブーツにはショート丈とロング丈のものがありますが、雨の日に歩いて外出することが多いお子さんや、たくさん歩き回る活発なお子さんには、動きやすいショート丈がおすすめです。ただし、ショート丈の場合は水が入って足元が濡れる可能性があるので、濡れるのを避けたい方はロング丈のレインブーツを選びましょう。

 

他にも履き口にフードがついており、雪遊びや泥遊びにもってこいのレインブーツもありますので、使用頻度や使用目的に応じて選ぶのがおすすめです。

 

賢いベビー用レインブーツの選び方は?

ベビー用レインブーツを準備する際には、必ずお子さんの足のサイズに合わせたものを用意しましょう。ただし、レインブーツは普通の靴に比べて固くて足を入れにくいので、実際の足のサイズより1cm大きいサイズのものを選ぶのがおすすめです。

 

また、素材はもちろんですが、お子さんが喜んで履いてくれるよう、お子さんが気に入ったデザインのレインブーツを準備すると、雨の日の外出も快適なこと間違いなしですよ。

 

人気の「ベビー用レインブーツ」3選

雨天時にお子さんと外出する際は準備もいろいろと大変ですし、お子さんの機嫌を取るのも一苦労なんてことも……。だからこそ、お子さんがお気に入りのレインブーツを用意して、雨の日のお出かけを快適に過ごしてみてくださいね!

 

※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

 

 

監修者

助産師 高塚あきこ

保健師・看護師・アドバンス助産師(※)


都内の看護大学にて保健師・助産師・看護師の資格を取得。大学卒業後、大学附属病院の総合周産期母子医療センターにて、助産師として妊娠期から産後のケア、新生児のケアに携わる。9年程勤務した後、出産を機に、横浜市内の総合病院の産婦人科病棟にて勤務し、母子のケアをおこなっている。現在、自身も4人の子の育児に日々奮闘中。 ※アドバンス助産師とは、日本助産評価機構より自律して助産ケアを実践できると認証された助産師の呼称です。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。