おしゃれで使いやすい!ママのお出かけをサポートするママバッグ

2016/12/13 13:00
小さな子どもとのお出かけ時、ついつい多くなってしまうのが荷物ですよね。そんなママのお出かけを助けてくれる、便利な機能の付いたママバッグがたくさんあります。ママバッグは機能的であってほしいけれど、おしゃれ心は忘れたくないですよね。今回は、両手が空くように肩かけもできる、おしゃれなママバッグをご紹介します。

【PR】

 

小さな子どもとのお出かけ時、ついつい多くなってしまうのが荷物ですよね。そんなママのお出かけを助けてくれる、便利な機能の付いたママバッグがたくさんあります。ママバッグは機能的であってほしいけれど、おしゃれ心は忘れたくないですよね。今回は、両手が空くように肩かけもできる、おしゃれなママバッグをご紹介します。

 

 

▼この記事で紹介する「ママバッグ」▼

L.L.Bean ショルダー・ストラップ・トート

ポロラルフローレン Big Pony キャンバス トート

ルートート マミールー MR.REG.SC.C-Q-B

 

ママバッグってどんなバッグ?

ママバッグ(マザーズバッグ)とは、その名の通りママが使うバッグのこと。ママが使うバッグとして、便利な機能の付いたものも多くあります。

 

子どもが小さいうちのお出かけは、とにかく荷物が多い!赤ちゃんの場合は、とくにいろいろなものを持ち歩く必要があるため、小さなバッグでは入りきらないことがあります。だからといって大きくて重いバッグでは、赤ちゃんを抱っこしながらの行動では大変です。ママバッグは、両手が空いて荷物がたくさん入り、丈夫で軽い作りのものが多く、ママのお出かけをサポートしてくれます。

 

ママバッグにはどんな種類がある?

ママバッグにはトートバッグやリュック、斜めがけバッグ、ウエストバッグなど、たくさんの種類があります。どのタイプも両手が空くものが多く、子どもを抱っこするときなどに、邪魔になりにくいバッグが多いといえます。

 

加えて、トートバッグはバッグの中身が見やすく、中身を取り出しやすいなど、バッグによって使い勝手は異なります。子どもの年齢や人数、車や電車などの移動手段、お出かけ先など、ママのライフスタイルに合ったバッグを選びましょう。ママの荷物は斜めがけバッグ、子ども用品はリュックなど、バッグを組み合わせるのもひとつの手です。

 

先輩ママの口コミ

「赤すぐ限定 くまのがっこう マザーズバッグ3点セット」と、ピンクドットの「赤すぐ限定 マママルチバッグ」を購入しました。どちらもポーチとおむつシートがセットになっています。軽くてそこそこ容量があるので、その点では両方満足でした。くまのがっこうの方が生地がパリッとしていて、いっぱい物を入れても、たわわにならず使いやすかったと思います。また、くまのがっこうはシックな黒ストライプだったので、パパが持つ際も抵抗がなくてよかったです。
(2016/11/23 41歳・女性・あやたまさん)
 
中身が飛び出ないよう、ファスナーで口が閉まるトートを探し、レスポートサックの「Ryan Baby Bag」を選びました。大容量かつ汚れに強い材質なのでとても便利で、ベビーカーに引っ掛けられるフックも両サイドにあり、重宝しています。また、バッグと同材質のおむつ替えマットが付いていて、こちらも大活躍でした。現在は違うトートバッグを使用しているので、このバッグは今後も旅行用トートとして使うつもりです。
(2016/11/23 33歳・女性・ユカリンゴさん)
 
ハーベストヒルズのママリュックを使っています。中は大容量で、仕切りもたくさんあります。いちばん助かっているポイントは、リュックを背負ったまま中身を出し入れできるよう背中にチャックがついているところで、お財布の取り出しなどにとっても便利です。横のポケットにはキーチェーンがついているので、カギやパスケースを取り出すときに使えます。デザインもシンプルで、主人が背負っても違和感がありません。
(2016/11/28 29歳・女性・まなぽんさん)
 
8歳長女、6歳長男、1歳次男の母です。子どもが生まれるたびにマザーズバッグを購入しています。 トート、ショルダー、リュックなど、さまざまなタイプを試しましたが、私はいちばんリュックタイプが便利だと思いました。上の子と手をつないだり、抱っこひもを使ったり、ベビーカーを押したりすることが多く、極力、両手を自由にしたいと考えています。リュックなら、ずり落ちることなく安定していて、邪魔にもなりません。 また、子連れだと荷物が多くなりがちなので、どのタイプでも軽量化されている商品を選んでいます。
(2016/11/27 33歳・女性・3びきのこぶたさん)

ママバッグ選びはココをチェック!

ママバッグは、おおまかなタイプのほかにも、材質、容量、ポケットなどの機能、付属品などの機能が用途に合っているかどうかが選ぶポイントになります。

 

材質はできるだけ軽くて丈夫なものを選び、どのくらい荷物が入るのか容量も必ずチェックしましょう。マチの大きさは、容量を左右するので必ずチェックしてくださいね。

 

荷物が多く入ってもバッグの中を整理できないと不便なので、ポケットや仕切りがあるものがおすすめです。ポケットや仕切りが少ないものは、ポーチやバッグインバッグで代用しましょう。そのほかにも、おむつシートやおむつポーチ、ベビーカーにかけられるフックなど、付属品が充実していると便利です。

 

トートタイプのママバッグ ラインナップ

 

L.L.Beanのトートバッグは、間口はジッパーで閉じられるので安心、内側にはジッパーポーチと、取り外し可能なショルダーストラップも付いています。丈夫なキャンバス地で、縫い目は丈夫なナイロン糸のダブル・ステッチ仕様です。劣化しにくく丈夫なので長持ちします。ママバッグから小旅行、ふだん使いまで幅広く使えます。(サイズ:ミディアム/約高さ29 x 幅30 x 奥行き15cm)

 

 

 

Big Pony キャンバス トートビッグポニーが刺しゅうされた、ラルフ ローレンの人気トートバッグ。外側にポケットが付いていて、よく使うアイテムを入れるのに便利です。B4サイズが楽に入るサイズなのでたっぷり荷物が入り、間口はファスナーで閉じられるので中身が出たり見えたりする心配もありません。ママバッグや通勤通学、ふだん使いにもおすすめです。(サイズ:約H36×W35~48×D14cm ハンドル41cm)

 

 

 

「ママたちの外出を快適に楽しく」という想いから生まれたルートートのママバッグ。軽さにこだわった、このトートバッグは、パパにも使いやすい質感と色が魅力です。肩かけと斜めがけのどちらも対応。内側と外側には大小たくさんのポケット付きで、おむつ替えシートとポーチも同柄で付いています。消臭抗菌加工されている点もママならうれしいポイント。(サイズ:約H30×W55×D20cm ハンドル23cm)

 

使いやすいママバッグを見つけよう!

ママになったら揃えたくなるママバッグ。ママが使いやすいように工夫されているので、きっとママのお出かけの役に立ってくれますよ。ただ、ママバッグとして売られているもの以外でも機能が充実したバッグがたくさんあります。大事なのは自分が使いやすいかどうかです。ふだんのライフスタイルに合わせて、わが子とのお出かけが快適で楽しくなるようなバッグを選びたいですね。

 

「ママバッグ(マザーズバッグ)」ブランドを探す 

 


  • 7
  • 2
  • 2
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。