授乳に悩んでいるママ必見!正しい授乳姿勢【助産師監修】

正しい授乳姿勢のイメージ

 

育児中のママから“授乳”に関するお悩みをよく伺います。“飲む量が少ない”“集中してくれない”母乳の出が悪い”など内容はそれぞれですが、それらは授乳姿勢の見直しによって緩和されることもあります。授乳中の自分と赤ちゃんの姿勢がどうなっているか、あらためて見直してみましょう。

【目次】

 

 

正しい授乳姿勢を見直そう

 

 

1.授乳クッションやタオルで高さを調節しながら、ママと赤ちゃんのおなか同士がくっつくようにしましょう。

 

2.おっぱいとお口の高さを合わせましょう。

 

3.おっぱいにあごとほっぺがくっつくほど密着します。このとき、ママの姿勢が前かがみにならないように気をつけましょう。

 

4.赤ちゃんの耳と肩と腰のラインにねじれがないか確認してあげましょう。

 

 

授乳の際に気をつけたいポイント

●ママの姿勢が前かがみにならないように気をつけましょう
●おっぱいとお口の高さが同じになるように、タオルを重ねたりして調節しましょう
●出が悪いときは、おっぱいマッサージの動画を参考にしてやってみましょう!

 

 

赤ちゃんにとってもママにとっても、毎日の授乳の時間はとても大切なものです。少しでもお悩みが解決するといいですね。

 


監修者:助産師・特定非営利活動法人だっことおんぶの研究所認定  ベビーウェアリングコンシェルジュ 宮川めぐみ

2001年京都第二赤十字看護専門学校卒業、2002年国立病院東京医療センター附属東が丘看護助産学校助産学科卒業。産科病棟にて約12年間助産師として勤務し、多くの妊産婦、褥婦、新生児のケアに関わる。現在は個人で東京23区内で新生児訪問、母乳育児相談を中心に母子のケアに携わる。

 

※ベビーウェアリングコンシェルジュとは、親子ともに安全で快適な抱っこやおんぶを指導します。素手だけでなく、各種道具(子守帯)を使っても実現できるように指導できる技術を有しており、専門の教育を受けた者です。世界中には60以上のベビーウェアリング・スクールが開設されています。日本ではだっことおんぶの研究所が主催する養成講座のみがベビーウェアリング・スクールとしてカウントされています。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

コメント

この記事にコメントする

残り2,000文字

専門家の記事&最新ニュースが550件以上!

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)