耳鼻喉ちょっとこわいところケア

赤ちゃんのとっても小さな鼻や耳。お掃除したくても、どの程度までやっていいものか、おそるおそるのパパやママも多いようです。今回は日常のケアのポイントと、よくあるトラブルの見分け方など小児の症状に詳しい耳鼻咽喉科飯野ゆき子先生にお答えいただきました。

 

 

飯野ゆき子先生
●自治医科大学付属さいたま医療センター教授科長
●日本小児耳鼻咽喉科学会理事
NHK「きょうの健康」など出演多数。明るくてとてもやさしい先生です!

 

 

基礎知識編

大人とはどう違う 赤ちゃんの耳・鼻・のど

 

 

●子どもの耳は大人とどう違う?

 

・耳の穴が小さい
・耳管は大人にくらべ短くて、水平である
・外耳道が狭い
・鼓膜が耳の穴に向かって鋭角になっている
・柔らかい(傷つきやすい)

 

大人と違って、ただ中をのぞいても、耳の中は見えません。お母さんが耳の中の状態を見るときは、明るいところで、耳の上部を持って「後ろ」にひっぱると、見えやすいと思います。

 

耳管(耳と鼻をつなぐ管)の角度が水平に出来ていて開放ぎみ、また、頭も小さいので耳管が短く、簡単に「鼻」の中や「のど」のばい菌が「耳」のほうへ入っていきやすくなっています。

 

そういった構造的な理由プラス、子どもは風邪をひきやすく、免疫機能もとても弱いので、いろいろなトラブル(特に中耳炎)になりやすい、と言えるでしょう。

 

                                      監修/飯野ゆき子先生

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る