【離乳食の基本】ー和風だしの作り方―

135

離乳食の味付けとして使用する「和風だし」。味覚が発達する時期なので、和風だしを活用して、赤ちゃんにはだしのうまみや素材そのものの味を楽しませてあげましょう。

 

和風だしの作り方

用意するもの

水:800ml
昆布:8cm
削りかつお:20g

 

1)昆布は濡れ布巾でさっと汚れをふき取り、15〜20分水につけておきます。
2)鍋を中火にかけ、なべの縁から小さな泡が立って煮立ち始めたら、沸騰する直前に、昆布を取り出します。
3)強火にして鍋がグラット煮立ったら、削りかつおを一度に入れます。
箸で軽く混ぜて火を止め、削りかつおが沈むまで待ちます。
4)こし器でこしたら完成です。
5)フリージングする場合、よく冷ましたものを製氷皿に入れ、ふたかラップをして冷凍します。
6)凍ったら冷凍用保存袋に移し替えましょう。

素材の味を引き立てるだけでなく、野菜や肉などパサパサしたものを滑らかにして食べやすくするのにも大活躍します。ぜひ活用して、食欲をのばしてあげてくださいね。

2019/01/09


この記事にいいね!しよう

いいね!
135

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。