熱性けいれんはまず家で様子を見るべきですか?

16
育児のQ&A

熱性けいれんはまず家で様子を見るべきですか?

1歳の子が、最近熱性けいれんを起こしました。そのときは慌てて救急車を呼んだのですが、家庭で様子を見るべきだったのでしょうか? 次にけいれんを起こしたら、具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

2015年に「熱性けいれんガイドライン」が改定されました。それによると、「てんかんに罹ったことのない6ヶ月から5歳の子どもが、38度以上の発熱とともに起こすけいれんで、その原因が明らかでないもの」が、熱性けいれんの特徴です。熱性けいれんは単純型と複雑型に分けられますが、その大部分は単純型で、全身のふるえは15分以内、なかでも数分間で治まるケースが圧倒的です。
次に、けいれんを起こしたときの自宅での対応についてですが、重要なのは「あわてず、よく観察すること」です。お子さんを寝かせて首の周りを緩め、楽に呼吸ができる姿勢をとらせてください。そして、発作の持続時間の確認、左右差の有無、体温の観察をお願いします。発作が10分以上続く、けいれんが左右不対称、けいれん後に麻痺がある、意識がはっきりしていない、といった症状を確認したら、すぐに医療機関を受診してください。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。