24時間以内に2回熱性けいれんを起こしました

24時間以内に2回熱性けいれんを起こしました

生後11カ月の娘は、先日、24時間以内に2回も熱性けいれんを起こし、入院しました。次回、発熱時にどんな対処をしたらよいのか、とても不安になってしまいます。熱が上がったときには、けいれんを抑える座薬を使用するべきでしょうか? または、ひたすら熱を下げる工夫をすればいいのでしょうか?

専門家の回答

入院された際、主治医の先生から、次回の発熱時におこなうべき対応の説明があったと思いますので、それに従ってください。ここでは、熱性けいれんの再発予防に関する一般的なお話をします。熱性けいれんを起こすと、次に発熱したときに、再びけいれんを起こす可能性が高いため、37.5度以上であれば、けいれん止めのジアゼパム座薬を挿入します。8時間後に38度以上の発熱があれば、2度目の座薬を挿入します。発熱には解熱剤を使わず、しっかりと水分を補給させ、わきの下やそけい部などを冷やす対応をおこないます。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る