年子の兄が妹にやきもちを焼いています。

4
育児のQ&A

年子の兄が妹にやきもちを焼いています。

 1歳6ヶ月になる息子(了)と2ヶ月半の娘(史華)の年子の兄妹の母です。息子の娘に対するやきもちについて相談させていただきます。
 ある日、息子の心にたまっていたものがどうやら爆発したようで、おもちゃのペンで娘の目を突っつこうとしたり(しっかり尖ってる方で)、お昼寝前に娘のお腹の上に上って、パッカパッカと馬に乗るみたいにタテ揺れしてみたり、立っちしたついでに娘のお顔の上に座って、おしりをフリフリして歓声を上げてみたり、授乳中に娘のお洋服を引っ張って、私のひざから娘を引き摺り下ろそうと何度も試みたり、ちょっとでも娘の世話をしようものなら、床に突っぷして大泣きしてみたり……。  
 私なりに、出来るだけ息子優先に世話し、1日3回以上は「ギュッ」っと息子を抱きしめてあげるように心がけたり、私が息子の視界から見えなくなるときはもちろん、娘の世話をするときにも息子に向かって「今から史華ちゃんのお世話をするから、了君横で見てる? 遊んでいたかったら、遊んでいていいんだよ」と声を掛けるように心がけたりしてたのだけど……。  
 産後、実家から帰ってから、息子は上記のような行動はせず、娘の頭をナデナデして喜んだり、お手手を優しく触って握手をして喜んでいたのですが、その日1日で突然変化し、これだけのやきもちをぶつけられると、私のやり方は間違っていたのかなぁ?と思い、少し考え直さなければならないのかな?と思っています。でも、他にどう対処すればいいのでしょうか? 今後息子の行動がエスカレートしないか、私の見てない間に何かしてしまわないか心配です。
 当の娘の方は、当初わかってないのか、泣きもせず動じてない様子でしたが、ここ2~3日、なにやら感じてきたのか、息子が近寄ってくると大泣きしたり、息子の世話をしている最中、「わたしをかまってぇ~」といわんばかりに、火がついたように泣き出すことがしばしばなのです。本当にどうすればいいのでしょう。

 

 お母さんのお子さんへの愛情表現、心配り、しつけの考え方、どれ一つをとっても間違ってはいないでしょう。むしろ、感心するほどよく考えられていますし、何よりも愛情深いお母さんであることが伝わってきます。  
 了君の史華ちゃんへの周りをヒヤヒヤさせる行動は、お母さんもお分かりのように、弟や妹は生まれたときに、上の子ども、とくに第一子の子どもが体験するやきもち、嫉妬心です。本人はどう意識しているかどうかは別にしてどの子ども体験する感情なのです。ただ、その表れ方、嫉妬心の強さは子どもによって実に様々です。それには子どもの年齢、性質、家族など、さまざまな要因が関わっているのでしょう。  
 了君の場合は、確かに、その表れ方、おそらくその感情自体も激しい方だと言えるでしょう。これはお母さんの対応が悪いのではなく、おそらく了君の気質や、あるいはこれまでのお母さんとの結びつきがあまりに強かったからかもしれません。 
 また、1歳半というのは難しい年齢とも言えるでしょう。なぜなら、歩行が自由になり、お子さんの活動や世界はそれまでになく広がってくる時期です。お母さんにべったりだったこれまでの関係から、了君が少しずつ時々お母さんの方を振り返りながら、お母さんから離れて動く(いたずらも含めて)という、行動が現われてきているはずです。そういう時だからこそ、振り返るとお母さんといつも一緒にいる妹が余計に気になるのです。  
 今の状態への対応ですが、まず了君が史華ちゃんに危害を与えそうな状況をできるだけ作らないことです。それでもそういう行動をした時は、その場ではっきりと「それはいけないことだ」と注意し、止めさせることです。まだ善悪の判断がつく年齢ではありませんので、他の生活上のことと同じように、外から禁止を与えることは必要です。このとき、お母さんはいろいろ考えこんで中途半端に遠慮がちな対応をすると、かえって子どもを混乱させることになりかねません。 
 さて、お父さんはどうしていますか? 子どもたちとの関わりにお父さんに入ってもらうと、三角関係が少し変わります。
 最後に、ご心配に思われている了君の行動はそう長くは続きません。お母さんは心配はしても、うろたえることなく、二人のお子さんを見守ってあげてください。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。