哺乳が少なく、便秘もしているので黄疸が心配です

12
育児のQ&A

哺乳が少なく、便秘もしているので黄疸が心配です

妊娠37週に低体重で生まれた生後2週間の子は、黄疸の数値が検査に引っかかるくらい高めです(黄疸と診断はされていません)。「たくさん飲ませてたくさん便を出させるように」と指導されたのですが、とにかくよく眠ってしまいます。
頑張って2時間おきに起こして授乳をしていますが、左右5分ずつくらいで終わることもあります。「まだ飲みそうだな」と思うときには搾乳したものを足しますが、それでも量は30mlくらいです。無理にでもと思い、母乳や哺乳瓶での哺乳を1時間ほどねばっても、眠ってしまいます。しかも、最近便秘気味になりました。新生児でもあり、眠っているのにたびたび起こしたり、無理やり授乳したりして疲れないものか、という心配もあります。
様子を見ていると、あまり飲まず、うんちが出ないので、黄疸が下がりにくい状態になっているような気がします。2回ほど通院しましたが、体重は少しずつくらい増えており、黄疸も下がりました。しかし、この状況では、また黄疸の数値が上がったり、何か障害が出てくるのではないかと心配です。

 

退院後に2回受診して、体重増加と黄疸の程度のチェックを受け、医療サイドから特段の指示が出ていないのですから、心配はいらないと思います。
体重は、1日に30g日前後増えていれば、問題はありません。哺乳にも体力がいるので、2、500g未満の低出生体重児は、十分な量を飲まないうちに疲れて寝てしまうことがあります。そのため、起こして飲ませた方がいい場合もあります。
次の受診は、1ヶ月健診でしょうか? その際に、今のような授乳の状態を続けてもよいか、医師や助産師に相談されるといいでしょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。