股関節の発育が遅いようです

15
育児のQ&A

股関節の発育が遅いようです

 3~4ヶ月児健診で、股関節のX線写真を撮りました。そして整形外科の先生に診てもらったのですが、「股関節の発育が遅いですね。心配いらないですよ。気にしないでください。来月また写真を撮ってみましょう」とおっしゃいました。
 しかし、母子手帳には「臼蓋形成不全」って書いてありました。「臼蓋形成不全」って何なのでしょう? 心配いらないと言われても気になります。
 股関節の発育が遅かったら、どうなるのでしょう? 大きくなるにつれて、ちゃんと成長するものなのでしょうか?

 

 これは、いわゆる「先天性股関節脱臼」のことです。小児科医は、3~4ヶ月健診で股の開き具合を見ます。開きが悪いと、整形外科の受診となります。
 このとき、レントゲン撮影をして、大腿骨の骨頭とそれを丸く屋根のように覆うような形をした「骨盤の臼蓋」という部分の、位置やサイズなどを計測します。
 大きくずれていると「股関節脱臼」との診断になり、治療が必要になります。骨の形成が遅れている場合なら、この質問のお子さんのように「臼蓋形成不全」という診断となり、経過観察になります。
 程度にもよりますが、数ヶ月ごとにレントゲンを撮って、臼蓋の形成状況を見ていきます。
 自宅で気をつけることは、「ガニ股の姿勢」をとるようにすることくらいです。具体的には、股おむつを使う、両足をまっすぐ締め付けるような洋服を着せない、股を開いた抱き方をする、ということです。これで、大きくなるにつれて臼蓋が形成されますので、心配いりません。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
15

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。