添い乳を続けていると虫歯にならないかと気になります

添い乳を続けていると虫歯にならないかと気になります

もうすぐ生後3カ月になる息子は、眠くなると母乳を欲しがり大泣きするので、特に夜は添い乳で入眠させています。眠りが浅いときに乳首を口から離すと、起きてしまうほどなので、長い間そのままにしています。添い乳の始めのころは母乳を飲んでいますが、後半は乳首をしゃぶって安心しているだけという感じです。今後、歯が生えてくると虫歯が気になるので、添い乳の習慣をやめるべきか悩んでいます。

専門家の回答

まだ生後3カ月ですので、今から虫歯の心配はしなくても大丈夫でしょう。赤ちゃんの口の中は唾液の分泌が多く、絶えず口の中を唾液で洗い流している状態です。母乳だけ与えている時期なら、まだ虫歯について心配する必要はありません。

気をつけていただきたいのは、お母さんが添い乳をしながら眠ってしまわないようにすることです。乳房で鼻と口が塞がれて、赤ちゃんが息ができなくなるようなことが起きると、窒息してしまうことがあります。添い乳をする際には赤ちゃんが眠るまで見守り、眠ったらそっと口から乳首を放してあげてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る