マタニティブルーとは

12

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。

 

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長

 

■所属学会

日本産科婦人科学会

日本周産期新生児学会

日本糖尿病

妊娠学会

日本産科婦人科栄養

代謝研究会など

 

■専門医

日本産科婦人科学会専門医

周産期専門医(母体・胎児)

 

■HP横浜市立みなと赤十字病院産婦人科

 

マタニティブルーとは

妊娠中に気持ちが落ち込むことではなく、産後に突然悲しい気持ちになったり、わけもなく涙が出たりなど、情緒不安定になることを言います。この状態は一過性のもので、産後10〜14日程度で自然に落ち着いてきます。

 

 

マタニティブルーの原因とは

出産の疲れ、慣れない育児による不眠や疲労、プレッシャーなどからマタニティブルーの要因の1つではありますが、大きな要因は、産後に急激にホルモンが低下することが大きな原因と言われています。妊娠中はたくさんの女性ホルモンが胎盤で作られているのですが、産後に胎盤が体外に排出されることで、ホルモンが減少します。この変化に体がついていけずに情緒不安定になり、マタニティブルーになると考えられています。

 

マタニティブルーになってしまったら?

初めての出産だけでなく、2人目、3人目でもマタニティブルーになることはあります。「出来て当たり前」と思わずに、「最初はできなくて当たり前」と思うことで気持ちがラクになります。なんでも自分だけで解決せずに、周りの人の助けを借りましょう。パパや周囲の人も、積極的にママに声をかけ、プレッシャーや孤独感を感じさせないようにするようにしましょう。

 

2016/02/28


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。