子宮内膜が厚くなり、子宮体がん検査を受けました

妊娠・出産のQ&A

子宮内膜が厚くなり、子宮体がん検査を受けました

先日、1年半ぶりに子宮頸がん検診に行ったところ、子宮内膜が19mmあったため、子宮体がん検査を勧められて受けました。その日は排卵日の時期でした。結果はまだ出ていません。1年半前の検診では子宮内膜は17mmで、月経が終わった後に再診したら、子宮内膜が薄くなっていたため、問題はありませんでした。
子宮内膜の厚さが2mm違うだけで、子宮体がん検査を受けることになったため、少し驚いています。月経血量が多い以外には、症状はありません。年齢は43歳です。

 

子宮体がんの画像診断としての経膣超音波検査は、非侵襲性、簡便性、低コストという利点があるため、よく施行されています。
スクリーニング検査での子宮内膜肥厚は、性成熟期女性で16mm以上、また閉経後女性で5mm以上の厚さを認めた場合に、子宮体がん、子宮内膜増殖症、子宮内膜ポリープなどの子宮内膜病変の存在を考えます。症状としては、不正性器出血や過多月経の出現などがあります。
排卵日ごろの子宮内膜の厚みは、通常10mm前後であるため、その時期に子宮内膜が17mm、19mmあるということは、かなり厚いものと思います。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。