爪の脇にイボができています

産後2ヶ月になります。妊娠後期のころに、爪の脇にイボができているのに気づいたのですが、自然に消えるかと思い、そのままにしておきました。すると、最近ますます大きくなってきたようで、切除した方がいいのかと迷っています。
妊娠するとイボができやすくなる人がいると聞いたことがあるのですが、やはりこのイボは、妊娠によってできたものなのでしょうか? また、赤ちゃんの世話をしていてうつったりしないでしょうか? 早めに治療した方がいいのでしょうか?
 

イボは、ヒトパピローマウイルスというごくありふれたウイルスの感染によって起こるものと考えられています。このウイルスが皮膚に付着した際、皮膚に小さい傷などがあると、そこから侵入して感染します。
ウイルスに直接接触するだけでは、うつることはあまりなく、自分でかきこわしたりして感染部位を広げてしまうことが多いようです。
妊娠すると、免疫力が低下したり、皮膚のバリア機能が弱くなるため、イボに感染しやすく、また増えやすくなります。ご質問の方は、イボが増大してきているようですし、赤ちゃんに感染させるリスクがゼロではないので、皮膚科を受診して切除してもらった方がよいと思います。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)