逆子とお腹の張りは関係しますか?

9
妊娠・出産のQ&A

逆子とお腹の張りは関係しますか?

妊娠30週目の健診で「逆子」と診断され、逆子体操を実践しています。
妊娠8カ月にしては、おなかの張りと下腹部の痛みが少し多い気がするのですが、これは逆子と関係があるのでしょうか? 胎動は、おなかが張り、痛いときにはあまりありませんが、治まってくると現れます。

 

1日数回、数秒程度のおなかの張りなら問題ありません。張りのないときには胎児が動きやすくなるので、胎動をより感じるようになりますし、胎児自身が自己回転して頭の位置を下方へ移動させようとします。そのため、普段より胎動が多くなり、おなかの張りや痛みが少し多くなるのかもしれません。
逆子体操は、おなかに負担がかかりやすいので、おなかの張りや痛みがあるときには中止した方がいいでしょう。おなかの張りは、子宮が収縮しているときに起こるため、子宮の中の胎児は動きにくくなり、なおさら逆子が直りにくくなってしまいます。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。