出産前の不安を楽にする方法はありますか?

4
妊娠・出産のQ&A

出産前の不安を楽にする方法はありますか?

妊娠37週です。臨月に入り、出産に恐怖を感じるようになってきて毎日不安です。陣痛は痛いのだろうか、自分は本当に産めるのだろうか、などとぐるぐる考えてしまいます。不安にとらわれず、リラックスできる方法はありますか?

 

出産のことを過剰に心配するより、出産のしくみを理解して不安を取り除きましょう。母親学級で学んだ分娩のステップを復習し、頭の中でシミュレーションしてみたり、マタニティ雑誌やビデオを見て出産のイメージをつかんだり、助産師さんや先輩のお母さんたちに気になることを質問してみるといいでしょう。
出産への知識を深めておけば、精神的な余裕が生まれます。たとえば、「陣痛」にはどのような意味があるのかを考えてみましょう。子宮は、赤ちゃんを子宮の外に押し出すために収縮します。子宮が収縮し、赤ちゃんが子宮口に向けて下がってくると、子宮口は押し広げられます。このとき、周囲の神経が圧迫されて痛みが生じるのが「陣痛」なのです。
出産は、お母さんと赤ちゃんとの初めての協同作業です。つらいのは、お母さんだけではありません。赤ちゃんもつらいなか、「早くお母さんに会いたい!」と頑張っています。痛みには必ず終わりがあり、その先では「わが子」という大切なたからものに出会えるのです。
出産時には助産師さんが誘導してくれますので、自然なお産の流れに任せていきましょう。緊張しすぎると、出産の進行が遅くなってしまいます。必要な知識を蓄え、気持ちに余裕を持って出産に臨みましょう。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。