妊娠中の遠距離通勤はいずれつらくなる?

6
妊娠・出産のQ&A

妊娠中の遠距離通勤はいずれつらくなる?

初めて妊娠し、現在妊娠8週です。つわりは少ない方ですが、出勤について心配しています。
朝6時半に自宅を出て、約1時間半かけて通勤しています。1時間は電車、30分は徒歩にかかります。帰りは電車の本数が少ないと、帰宅まで2時間かかることもあります。
今は、妊娠前に比べて少しつらいと感じる程度です。
体調に問題がなければ、妊娠8カ月までは出勤したいと思っています。しかし、産休はもっと早くとった方がいいのかと、迷っています。つわり期に問題なく通えていても、いずれ遠距離通勤はつらくなるでしょうか? おなかの赤ちゃんにも影響はありますか?

 

働く妊婦は疲れが溜まりやすく、過労は胎児の発育に重大な影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。通勤時間が長くなるほど、流産や早産などのトラブルが起こりやすいという報告もあります。特に、妊娠4カ月までと妊娠8カ月以降には注意が必要だといわれています。
おなかが大きくなってくると、遠距離通勤はつらくなってくると思います。時差通勤を申請し、ゆっくりと散歩するつもりで歩き、余裕をもった生活をすることが望ましいです。労働基準法では、産前6週、産後8週の休業が規定されています。産前6週の休業は本人の請求により与えられるものですが、分娩前の2カ月間は胎児の発育が著しい時期でもあるため、特にこの期間はぜひ休業されることをお勧めします。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

三鷹レディースクリニック院長
天神 尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。