流産後、基礎体温がバラバラに

7月に、妊娠9週目で稽瑠流産で手術をし、生理が8月19日に始まりました。基礎体温を測ると生理期間に高温だったため、気になって妊娠検査薬で検査をしましたが、陰性でした。
その後、排卵日を確認したいのですが、基礎体温がバラバラなのです。8月31日に36.18度になった基礎体温がその翌日には36.8度まで上がり、「この間に排卵したかも」と思ったのですが、その後はきちんとした高温期にならず、36.3~36.6度の間を行ったりきたりしています。
流産したことで、ホルモンバランスが崩れてしまったのでしょうか? もちろん、流産をしたために、精神的ストレスはあると思います。先生からは、「1度生理が来たら、妊娠してもよい」と言われています。
少しでも早く妊娠したいのですが、ホルモンバランスが悪い状態では、妊娠してもまた流産してしまうのでしょうか? 基礎体温を測ることも、ストレスになってきました。
このまま自然に任せる方がいいのでしょうか、それとも産婦人科へ行き、検査をしてもらった方がいいのでしょうか?
 

流産後には、ホルモンのバランスが崩れて、排卵がうまくいかなかったり、不正出血が起こることもあります。気にしないで、自然に任せておけば元のリズムに戻ります。
基礎体温をつけることがストレスになっているなら、しばらくは測定しないでもいいでしょう。流産後は、3回くらい生理が来てから妊娠される方が、心身両方の面で落ち着き、よい結果が得られると思います。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

天神尚子(てんじんひさこ)先生

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)