お尻が赤く臭うのはカンジダ皮膚炎でしょうか?

お尻が赤く臭うのはカンジダ皮膚炎でしょうか?

働いているので、普段は生後10カ月の息子を義母に預けています。2日くらい前、義母から「おしりが臭い」と言われて見てみたら、肛門の回りが赤くなり、臭いが気になりました。以前にカンジダによる皮膚炎と診断され、処方された薬を塗ったところよくなりました。またカンジダになってしまったのでしょうか?

専門家の回答

尿や便、おむつの刺激によるおむつかぶれは、「接触性皮膚炎」といいます。カンジダというカビが原因で肛門やおしり、陰部にできるかぶれは、「乳児寄生菌性紅斑」といいます。両者は、見ただけではなかなか区別ができません。また、臭いは特に関係ありません。乳児寄生菌性紅斑は、境界がはっきりとして赤くなり、縁の皮膚が少し厚みを増してオブラートのように剥がれます。この肥厚した表皮の剥離を「鱗屑」(りんせつ)といいます。接触性皮膚炎と乳児寄生菌性紅斑では、治療に使用する薬が違いますので、まずは皮膚科を受診して患部を診ていただいてください。素人判断で手元にある塗り薬を使用すると、悪化してしまう場合もあります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る