クレーン現象は自閉症の子によく見られる行動とあり、不安になっています

クレーン現象は自閉症の子によく見られる行動とあり、不安になっています

生後11カ月の女の子について質問します。少し前から、おもちゃのボタンを押してほしいとき、下に落ちたおもちゃを拾ってほしいときなどに、私の手を取ってその場まで連れて行く、いわゆるクレーン現象を頻繁にするようになりました。自分の意思を伝えられるようになったんだ!と成長を感じていたのですが、調べてみると自閉症の子によく見られる行動とあり、不安になっています。このまま見守っていて大丈夫でしょうか? ちなみに指差しはまだしません。あやすとよく笑い、目は合っています。

専門家の回答

クレーン現象は他人に対する要求手段とされています。指差しや言語が出てくると自然になくなります。指差しを教えてあげると良いそうです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る