頭と顔の歪みは、手足を固定すると治る?

頭と顔の歪みは、手足を固定すると治る?

生後1ヶ月の娘は、健診で「頭と顔が歪んでいる」と助産師さんに指摘されました。解決方法として、授乳クッションの上にタオルを敷き、手と足を固定してタオルでグルグル巻きにする「おひなまき」の状態で、7ヶ月まで寝かせるといい、と教わりました。この方法で、7ヶ月くらいまでには治るそうです。
実際試してみたものの、とても嫌がり暴れだします。手と足を固定する方法では、手足の機能に支障があるのではないかと不安もあります。頭の歪みは頸椎がずれている可能性があると知り、どうにか治してあげたいのですが、この「おひなまき」の方法でいいのでしょうか?

専門家の回答

そのような対応はしない方がよいでしょう。「頭と顔が歪んでいる」ということですが、お母さんがご覧になって歪んで見えますか? また1ヶ月健診で、医師から歪みを指摘されていますか? そのようなことがなければ、心配いらないでしょう。
また、向きぐせなどで頭がいびつになる場合もありますが、長い目で見れば目立たなくなってきます。手をかざして見たり、手と手を合わせたり、寝返りしたり、お座りしたりと、この時期から7ヶ月までの間の運動発達はめざましいものがあります。それをグルグル巻きにして抑制することは、よいことではありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る