未熟児はどのような検査を行いますか?

未熟児はどのような検査を行いますか?

娘は754gで出生しました。誕生の2週間後に動脈管開存症の手術をして、現在、生後1カ月半で1,000gちょっとまで体重が増えました。未熟児の病気など、とても心配です。今後は、どのくらいからどのような検査が始まるのでしょうか? また、退院の目安はどのくらいでしょうか? 未熟児の育児に不安がいっぱいです。

専門家の回答

生まれたときの体重が1,000g未満の赤ちゃんは、超低出生体重児と呼ばれます。まず退院は、一般的に出産予定日ごろが一つの目安です。3カ月早く生まれたら、子宮の代わりにNICUで3カ月過ごすものと考えてください。そのころには、2,300gくらいの体重になっているかと思います。検査は、未熟児網膜症を調べる眼底検査、聴覚検査、脳の検査として超音波検査やMRI、脳波検査を退院前に予定している施設もあります。どのような合併症があるかによっても、検査内容は違いますし、施設によってもおこなわれる検査やその検査を実施する時期に違いがあります。まずは、お子さんを担当している医師や看護スタッフにお尋ねください。NICUで働く人たちはみな赤ちゃんが大好きで、一緒にいられない両親の分まで愛情を持って治療と看護に当たっています。お母さんの質問にも、親切にお答えしてくださると思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る