おすわり前にリクライニングの姿勢で過ごしても大丈夫?

おすわり前にリクライニングの姿勢で過ごしても大丈夫?

息子は生後3カ月半で、最近、首がすわりました。生後2カ月目くらいから横抱きを嫌がり、首を支える姿勢で縦抱きをしていました。抱っこした後に平なところに寝かせると、声がかすれるくらいに泣き叫ぶので、毛布やクッションを背中から頭にかけて置き、少し体を斜めに起こした状態で過ごさせています。<この月齢で日中、このようなお座りに近い状態で過ごさせても、腰や股関節に影響はないでしょうか? 将来、ヘルニアなどにならないかと心配です。

専門家の回答

生後3カ月半になるとだいぶ目が見えるようになってくるため、赤ちゃんは、仰向けで天井を眺めるだけより、体を起こして周りのものを眺めていたくなるのでしょう。たしかに、おすわりができる前に、腰に負担のかかる姿勢を長時間続けるのは望ましくありません。しかし、クッションなどでゆるやかな傾斜をつくり、短時間、若干のリクライニングの体勢で過ごす程度なら問題はありません。おむつ替えや授乳、お散歩などでそのときどきに姿勢を変えるでしょうし、寝るときは仰向けになるでしょうから、心配いらないでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る