大泣きして毛細血管が切れてあざができました

大泣きして毛細血管が切れてあざができました

生後4カ月になる息子を連れて、先日、三種混合とヒブワクチンの接種に行ってきました。案の定、大泣きしたのですが、接種後に首の周りに紫色の細かいあざが点々とできていました。もともと首周りに湿疹があり、赤いブツブツができていたのですが、さらに色が濃くなって範囲も広がったように思います。小児科の先生に質問したら、「大泣きして毛細血管が切れたのでしょう」と言われました。首の周りだけ、毛細血管が切れることはあるのでしょうか?このまま様子を見ていて大丈夫でしょうか?

専門家の回答

いきんだり大泣きしたりすると、力のかかった部分の微小な毛細血管が切れ、湿疹のような点状出血が見られることがあります。じきに消えますので、大丈夫です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る