完全ミルクなのにうんちの色とにおいが変わりました

完全ミルクなのにうんちの色とにおいが変わりました

生後4カ月になる娘を育児用ミルクのみで育てていますが、もともと便秘気味で、2日に1回綿棒浣腸をして出しています。いつもは緑色のミルクのカスが混ざったうんちだったのですが、ここ最近、うんちの色が灰色かかった緑色になり、少し臭くなっています。うんちの中にはミルクのカスはなく、さらっとしています。機嫌はよく、育児用ミルクをよく飲み、よく寝ます。うんちの色が変わり、臭いが出てきたのは、何かの病気のせいなのでしょうか? 一度病院に行って、相談したほうがいいのでしょうか?

専門家の回答

育児用ミルクのみで育てているのに、便の色とにおいが変わってきたなら、おそらく赤ちゃんの腸内細菌のバランスが、少し変わってきているせいだと思います。生まれたての赤ちゃんは、無菌の状態です。生まれてママに触られ、パパになでられたりしているうちに菌がついていきます。菌は悪いものと思われがちですが、体にとって重要な菌もあります。たとえば、腸には「正常菌叢(せいじょうきんそう)」といういわゆる善玉の菌が、早いうちに定着することが大切です。飲食の内容やちょっとした体調の変化、赤ちゃんの消化酵素の発達が、この正常菌叢に影響を与えます。機嫌がよく、哺乳もしっかりできているのであれば、心配ないと思います。それでも気になるようでしたら、便を持参して小児科医に診ていただきましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る