仰向きで寝かせても、自分でうつぶせになります

仰向きで寝かせても、自分でうつぶせになります

生後5カ月になる娘は、3カ月半で寝返りができるようになりました。今は自分で左側にも右側にも寝返りができ、仰向けに戻ることができます。うつぶせが大好きで、日中はうつぶせになっていることが多く、布団に寝かせるとすぐにうつぶせになります。
夜は仰向けで寝かせるようにしていたのですが、数時間経つと自分でうつぶせになって寝ています。顔が横を向けているので息はできていますが、それでも仰向けに戻した方がいいのでしょうか? ちなみに、夜は21時過ぎには寝て、朝7時近くまではほとんど起きません。夜間に唸りながら時々自分で寝返りしたり、顔を向く方向を変えたりしているようです。

専門家の回答

赤ちゃんが自分でうつぶせになっていたら、仰向けに戻してあげてください。うつぶせで寝ていると、乳幼児突然死症候群(SIDS)を発症する可能性が高まります。SIDSは予兆や既往歴がなく、乳幼児が死に至る原因不明の病気です。厚生労働省の発表によると、平成29年には77人の赤ちゃんがSIDSで亡くなり、乳幼児の死亡原因の第4位になっています。
夜間は、赤ちゃんの寝相の変化に気づきにくいかもしれません。気づいた時に赤ちゃんがうつぶせ寝になっていたら、仰向けに変えてあげてください。仰向けに寝かせることは、睡眠中の窒息事故を防ぐ上でも有効です。さらに、SIDSの発症率を下げる他の因子には、できるだけ母乳で育てること、赤ちゃんの周りに喫煙者がいないことがあげられています。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る