喉頭軟化症の疑いがあると言われています

喉頭軟化症の疑いがあると言われています

生後5カ月の息子について質問です。息子は喉頭軟化症の疑いがあると言われています。哺乳中むせることはありますが、体重増加も問題なしです。普段は元気で泣くときだけ陥没呼吸になります。

母子医療センターにて、生後2カ月、5カ月のときに鼻からファイバーを入れて検査をしましたが、ファイバーで見える範囲では異常が見当たらないと言われました。陥没呼吸があるので、ファイバーでは見えない所に何かあるかもしれないと言われましたが、先生にまだ様子を見て大丈夫と言われたので、一旦3カ月間様子見になりました。

検査が終わって少ししたころ、寝返りをしてうつ伏せになったときや泣こうとするときに、カッカッ、ケヘッという感じの空咳を何度もするようになりました。ついこの間まではうつ伏せでも、泣くときも咳はしませんでした。喉頭軟化症が悪化しているのでしょうか? また、喉頭軟化症ではなく、陥没呼吸の原因が他にあるでしょうか?

専門家の回答

喉頭軟化症は乳児期に多い疾患です。軽度から重症まで幅があります。体重増加や呼吸状態が安定していれば経過をみます。成長とともに良くなっていきます。体重が増えない場合は栄養チューブを使って育児用ミルクを入れることもあります。呼吸が重症なときは気管切開をおこなうこともあります。このように喉頭軟化症の症状は幅があり、お子さんの場合は発達、発育のフォローをおこなうのでよいかと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る