アトピー性皮膚炎と診断されました

アトピー性皮膚炎と診断されました

生後7カ月後半、発育曲線は平均相当、離乳食は2回食の娘について相談です。生後7カ月入ったころに卵白をひと欠片食べさせたところ、蕁麻疹が現れたため、かかりつけの小児科へ行き治療と血液検査を受けました。卵白クラス3、小麦クラス2の結果でアレルギー判定でした。その際にアトピー性皮膚炎と診断もされました。元々、乳児湿疹で通院していたので急なアトピーの診断に戸惑ってしまいました。アトピー性皮膚炎のある子が食物アレルギーを起こしやすいというのは聞いたことがあるのですが、逆に食物アレルギーからアトピー性皮膚炎と診断がつくこともあるのでしょうか?

専門家の回答

アトピー性皮膚炎があると皮膚のバリアが弱くなり抗原が体内に入りやすくなるため食物アレルギーを引き起こすという説があります。逆に食物アレルギーがあれば、喘息やアトピー性皮膚炎になりやすい体質があるので、あとから症状が出ることもあるのではと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る