おすわりの仕方が気になります

おすわりの仕方が気になります

もうすぐ生後9カ月になる女の子を育てています。最近おすわりができるようになりました。はじめはあぐらのような膝を曲げた姿勢でした。しかし、だんだん片足は伸ばした長座、もう片足は正座の姿勢をとるようになりました。体の成長のバランスが悪くなるのではないかと心配です。足の位置を長座や膝を曲げた姿勢のおすわりに促したほうが良いのでしょうか?

専門家の回答

座り方はいろいろあるようです。正座、蹲踞、体育座り、女座り、鳶座り、あぐら、など。おもしろいですね。お子さんの場合、生後6カ月ぐらいにできるようになると思います。時に片足のみ投げ出すこともあるようです。本人のお気に入りポーズなのかもしれません。経過をみるのでよいかと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者松井潔(まつい きよし)先生

愛媛大学医学部卒業
神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント
国立精神・神経センター小児神経科レジデント
神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て
現在,同総合診療科部長
小児科専門医,小児神経専門医,新生児専門医
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る