無排卵は自然に治らないのでしょうか?

無排卵は自然に治らないのでしょうか?

月経不順はありませんでしたが、多嚢胞性卵巣症候群により「無排卵」と診断され、排卵誘発剤を使用し、1人目を妊娠しました。2人目を考え始めて1年経ったころ、やはり自然に妊娠しないため、受診したところ、「無排卵」と言われて排卵誘発剤で2人目を妊娠しました。
今、3人目の妊娠を考えているのですが、これまでの経過から考えると、3人目を希望してもやはり無排卵のままで、自然妊娠はできないのでしょうか? 無排卵は、何らかの治療をしないと治らないのでしょうか? ちなみに、今は2人目の子の授乳中で睡眠時間が短いため、正確な体温が出ないと思い、基礎体温は測っていません。

専門家の回答

多嚢胞性卵巣症候群は、超音波検査で多数の卵胞の嚢胞状変化が見られ、無月経、無排卵、稀発月経などの月経異常が起こるものです。
治療の第一選択として、排卵誘発剤で排卵を起こすように促しますが、たしかに産後などには、自然に治癒することもあります。ただし、3人目のお子さんも排卵誘発剤で授かることができるなら、自然妊娠にこだわることもないのではないでしょうか? 
ただ、今は自然に妊娠されたとしても、胎児の発育のために、授乳をすぐに中止することになりますので、まずは2人目のお子さんの卒乳をしてから、次の妊娠について検討されることをお勧めします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る