産後、股関節がコツコツ鳴ります

産後、股関節がコツコツ鳴ります

 出産をすると、子宮から出てくる赤ちゃんに押されて、膣の壁が伸ばされてしまいます。そのため、産後は膣のしまり具合が悪くなり、膣内に空気が入りやすくなってしまうのです。おならのような音は、膣内に入った空気が出るときに自然に出る音です。
 以下の要領で骨盤底筋群の筋力を強化すると、膣のしまりは大分改善されるでしょう。

 1.仰向けになって足を肩幅に開き、両膝を軽く曲げて立てます。全身の力を抜いて、リラックスします。
 2.1分間のうち12~14秒間くらい、膣の入り口をぐっと締めるように力を入れます。
 3.残りの46~48秒間は力を抜きます。これを10回くり返します。

専門家の回答

 妊娠中、体重が増加した体を支えるために、股関節にはかなりの負担がかかってしまいます。そのため、産後は恥骨痛や股関節の痛み、違和感を感じやすいのですが、通常、産後2~3ヶ月には回復します。
 しかし、この方の場合は症状が少し長引いているようですので、整形外科を受診されたほうがよいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る