帝王切開の傷跡がケロイドになった場合、運動は控えるべき?

帝王切開の傷跡がケロイドになった場合、運動は控えるべき?

帝王切開で出産してから半年経ちます。産後3カ月間は、激しい運動をしないようにと言われました。3カ月後の診察では、傷がケロイド状になっており、傷口を気にするなら、1年間は激しい運動は控えるようにと言われています。

妊娠前に比較すると5kg以上太ってしまったため、できれば運動をして、体形を戻せたらと思っています。しかし、傷口のことを考えると、やはり控えたほうがよいのでしょうか?

専門家の回答

運動による刺激は、手術後の傷の炎症を長引かせる原因になります。炎症が進むと痛みなどの症状が出やすいので、安静にしている必要があります。傷の部分に負担がかからないように、テーピングやコルセットなどを用いて圧迫固定する方法もあります。体形が気になるようでしたら、運動ではなく食事に気をつけて、体重管理をしていくことをおすすめします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る