妊娠中の鍼灸治療は可能ですか?

妊娠中の鍼灸治療は可能ですか?

妊娠を望んでいる30歳です。椎間板ヘルニアがあり、今まで3回発症して激痛でまったく動けませんでした。ブロックなどいろいろな治療をしましたが、どれも効果がなく、結局鍼灸治療と腹筋、背筋を鍛えてやっと治しています。
妊娠中は、腹筋などのトレーニングはできないと思いますが、鍼灸治療は続けても大丈夫でしょうか? いつも、おなかや腰にたくさん鍼を置くので心配です。
もしできないとなると、妊娠中はずっと腰痛がひどく、運動どころかまったく動けなくなるのではないかと懸念しています。また、胎児に悪影響ではないか、出産ができないのではないかと心配です。

専門家の回答

妊娠すると、ホルモンの関係で骨盤に緩みが生じます。また、おなかが前にせり出すと、背中が反る姿勢になりやすく、腰への負担もかかりやすくなります。したがって、もともと椎間板ヘルニアのある人は、さらに症状が強くなると思います。
鍼灸治療で効果があるなら、妊娠中は治療院の先生と相談して治療していくしかないと思います。硬膜外ブロックでも効果がないようだと、妊娠中はかなりつらくなるのではないかと予想されます。日常生活にかなりの支障が出るでしょうし、出産は帝王切開になるかもしれません。
妊娠する前に整形外科の先生と、手術の選択肢も視野に入れて、相談してみることをお勧めします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る