多嚢胞性卵巣症候群の2人目は?

多嚢胞性卵巣症候群の2人目は?

生後4カ月の男児の母(28歳初産)です。妊娠前から生理不順があり、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されていました。今回は、クロミッドを飲んで妊娠しました。
現在、完全母乳で生活していますが、もともと調子のいい卵巣ではないので、産後の授乳期間(月経のない期間)が長いと、その後の卵巣の状態、月経の再開、2人目の妊娠などに影響があるのではないかと心配していますが、いかがでしょうか?
また、月経再開の時期が正常かどうか(病院へ行くべきか)を見極める目安はありますか?

専門家の回答

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状は程度にもよりますが、妊娠後はホルモンの状態が改善し、2人目の妊娠はスムーズにいくこともあります。ただし、何年も間をおかず、早めに2人目の赤ちゃんを作られたほうがよいでしょう。
月経再開に関しては、出産後1年以上こないようなら受診を。1人目が治療によって妊娠できたのなら、2人目も大丈夫ではないかと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る