感染による人工死産の影響は?

感染による人工死産の影響は?

妊娠21週6日で破水し、人工死産しました。原因には、感染の可能性が指摘されました。「1度生理を見送ってから、次回の妊娠を考えるように」と言われています。
妊娠経過中、まったく異常がなかったため、「感染の可能性」と聞いて、私自身、何か注意することによって防げなかったのだろうか、と自責の念で毎日を過ごしています。
また別の医師からは、「次回の妊娠前に、細菌の検査を受けておいた方がいいかもしれません」とも言われました。
2度の正常な妊娠出産を経験しているので、次回の妊娠が不安でなりません。次回も同じようなことを繰り返す可能性は、あるのでしょうか? 次回の妊娠では、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか?

専門家の回答

人工死産を経験され、さぞお辛かったことでしょう。前期破水では、膣から上方に細菌が侵入して感染を起こし、絨毛膜羊膜炎や子宮内胎児感染を生じさせることが原因となるケースが多いです。そのために、破水を引き起こした原因菌の検索が大切と考えます。
おりものの増加などの自覚症状の確認、膣内分泌物の細菌培養検査、子宮頚管内のクラミジア検査などは、次の妊娠前にやっておいた方がよいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る