高度異形成の経過観察中に妊娠できますか?

高度異形成の経過観察中に妊娠できますか?

子宮頸がん検診で組織検査を行い、高度異形成(Ⅲb)との結果でした。
経過観察中ですが、年齢的なこともあり、早く子どもを授かりたいと願っています。経過観察中に、妊娠しても大丈夫でしょうか?

専門家の回答

子宮頸がん検診として一般に施行される細胞診は、クラスⅠからⅤの5段階に分類され、クラスⅢ以上は異常とされます。クラスⅢはaとbに分けられ、クラスⅢaでは悪性の可能性が少し疑われ、クラスⅢbでは悪性の可能性がかなり高い状態です。
異形成細胞は、細胞の形や核の異常の程度により、軽度、中等度、高度に分けられますが、ご質問の方のⅢbの段階では、高度異形成(がんの前駆病変)から上皮内がん(0期のがん)の可能性が疑われます。
組織検査で高度異形成と診断された場合は、より進行した部位の有無を確認するため、子宮頸部円錐切除を行います(子宮入口を円錐形に切り取る手術です)。
妊娠中に判明した場合はそのまま経過を見ますが、そうでないならきちんと確定診断をつけるため、円錐切除をしてからの妊娠をお勧めします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る