糖尿病のリスクが高い状態ですが、産後の生活の注意点はありますか?

糖尿病のリスクが高い状態ですが、産後の生活の注意点はありますか?

妊娠29週にグルコース負荷の検査で1項目チェックがつき、「軽い妊娠糖尿病」と診断されました。産後1カ月健診前にも同様の検査をおこない、同じように1項目だけチェックがつきました。糖質を取りすぎないように気をつけたほうがいいものの、糖尿病ではないため具体的な目標数値はないという感じの説明でした。特に診断名の説明はなかったのですが、私の現在の状態は「境界型糖尿病」というものなのでしょうか?
ほぼ母乳で育児をしていますし、カロリー制限も必要なのかどうかわかりません。食事や運動など、生活習慣では何に気をつければいいのでしょうか?

専門家の回答

経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)で空腹時血糖が92mg/dl以上、1時間値が180mg/dl以上、2時間値が153mg/dl以上のうち、1つ以上満たしたときには、妊娠糖尿病と診断されます。妊婦の7~9%に妊娠糖尿病が見られます。妊娠糖尿病時の血糖コントロールの目標値はあるのですが、食事療法や運動療法を指導されていないなら、現状のままでよいのではないでしょうか。
妊娠糖尿病になった方は、母乳育児の場合はリスクが減るとされていますが、将来的に糖尿病のリスクが約7倍高くなると言われています。これからも定期的な経過観察は必要になるでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る