排卵誘発剤の胎児への影響は?

排卵誘発剤の胎児への影響は?

 現在26歳で、3歳児のママです。昨年の3月に妊娠に気づかず、流産してしまいました。その後、今年の4月に妊娠して受診したのですが、心拍が確認できず2度目の流産になりました。
 「今度こそ」と思い、基礎体温をつけたのですが、排卵がうまくできていないようでした(もともと生理不順でした)。医師に排卵誘発剤を進められたのですが、再び妊娠したとき、その妊娠は維持できるのでしょうか? また、排卵誘発剤の胎児への影響はないのでしょうか?

専門家の回答

 排卵誘発剤で、赤ちゃんに恵まれたママはたくさんいらっしゃいます。2回の流産は排卵より、赤ちゃん自体に問題があったか、妊娠に関連したホルモンの影響によるものではないかと思います。
 排卵誘発剤が胎児に引き起こす身体的な影響は、まずありません。多胎の発生率が少し上昇するくらいです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る