産後10ヶ月で会陰切開の傷がまだ痛みます

産後10ヶ月で会陰切開の傷がまだ痛みます

産後10ヶ月経ちますが、会陰切開の傷がまだ痛みます。日常生活に支障があるほどの痛みではなく、常に痛いのではありませんが、トイレの後、下着に触れたときなど引っかかるような痛みがあります。また、寒い日の方が痛いようです。
産後こんなに痛みが長引くことはあるのでしょうか? また、原因として考えられること、異常があった場合の治療法などを教えて下さい。

専門家の回答

会陰切開の傷の痛みは、たいてい産後3ヶ月くらいで気にならなくなるものですが、個人差がありますし、傷の大きさや分娩時間の長さ、難産の有無なども関係します。しかし、時間が経過するにつれて、徐々に改善してくると思いますので、様子を見てもいいでしょう。
痛みが増強したり、日常生活に支障が出てくるようなら、受診して鎮痛抗炎症剤や軟膏を処方してもらうと、楽になると思います。
また、もうしばらくは、会陰創部の負担になるような活動(自転車の乗車、激しいスポーツなど)は避けた方がいいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る