出産が遅めなのは体質のせいですか?

出産が遅めなのは体質のせいですか?

本日、妊娠38週5日の健診を受けましたが、まだ赤ちゃんが下がっておらず、子宮口も全然開いてないと言われました。
上の子は妊娠40週を越えても陣痛がこなかったので、40週3日目で入院になり、バルーンを入れて、40週4日目に陣痛促進剤の点滴を投与して出産しました。
まだ陣痛が来そうになくて、また上の子と同じにようになるのかな、と不安です。体質によって、出産の時期が早め、遅めの人などの違いがあるのでしょうか?

専門家の回答

子宮口の開大については、多少体質的なものはあるかもしれません。筋力が低下している人は、子宮口が開大しやすく、早産ぎみになりやすかったりします。
とはいえ、必ずしも一人目の出産時と同じ経過をたどるわけでもありません。自然に陣痛が発来するように、妊娠37週を過ぎたら、積極的に体を動かすといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る