長距離バスでの6時間の移動は胎児に悪影響?

長距離バスでの6時間の移動は胎児に悪影響?

妊娠15週目に入りました。つわりはほとんどないのですが、夜行バスで片道6時間ほどの往復移動をする予定です。長時間のバス移動は、胎児に何かよくない影響があるでしょうか?

専門家の回答

安定期に入った時期ではありますが、夜行バスでの6時間の移動は、妊婦さんにはやはり負担になると思います。胎児への直接的な影響はありませんが、長時間同じ姿勢で過ごしたり、睡眠不足になったりすることで疲労がたまり、お腹が張ったり、体調が悪化する心配があります。原則的には、日中に電車で移動することをお勧めします。
どうしても夜行バスを利用せざるを得ないなら、最近ではゆったりしたシートで、大きめの座席のバスが増えてきましたので、できるかぎり、こうしたバスを利用しましょう。ただし、サービスエリアに着いたら外に出て体を伸ばしたり、外の空気を吸って休憩をとるなどして、疲労をためないように心がけること。また、適宜ブランケットやストールでしっかり防寒をし、マスクを着用するなど、冷えや乾燥にも注意することが大切です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る