妊娠中に子どものエックス線検査に付き添いました

妊娠中に子どものエックス線検査に付き添いました

第二子の妊娠中で、妊娠23週になります。 先日、3歳の長男に肺炎の疑いがあったため、小児科で診察を受けました。その際にエックス線検査をしたのですが、まだ小さいので、私がレントゲン室に付き添いました。

その際、鉛のような素材のエプロンを着用したのですが、エックス線を当てる機械の正面で長男と向き合うようにして介添えをしたので、胎児に影響がないか、今になって心配になってきました。影響が考えられる場合、食事療法などで改善できるのでしょうか?

専門家の回答

人体に対する放射線の被ばく量の影響は、一定のラインを越えたときに出現します。ただし、診断のための放射線の被ばく量は、ごくわずかです。また、仮に母体がエックス線検査を受けたとしても、母体を介して胎児が被ばくする量はさらに低いです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る