妊婦健診で胎児の脳室拡大を指摘されました

妊婦健診で胎児の脳室拡大を指摘されました

初めての妊娠で現在妊娠23週になります。先日受けた妊娠健診で、「胎児の脳の左側に水が溜まっている。脳室拡大が少し見られるが、経過観察」と言われました。医師からは次回の健診時には水は消えていると思いますともコメントいただきましたが、水頭症等の先天性疾患の可能性があるかと思うと不安で仕方がありません。この時期にこのような状態はよくあることなのでしょうか?

専門家の回答

通常胎児水頭症と診断がつくと脳室の拡張像が消えることはありません。今回は脳室の中にある脈絡叢嚢胞(みゃくらくそうのうほう/側脳室と第3脳室と第4脳室にある脈絡叢に液体の入った風船のような袋がある状態)が原因と思われます。これだと消えることもあり経過観察となることが多いです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る