浮遊感とめまいの症状が強くなりました

浮遊感とめまいの症状が強くなりました

妊娠8カ月に入ったころから、浮遊感とめまいが出てきました。この症状が始まると同時に、首の後ろから後頭部がズンと重くなります。妊娠9カ月に入るとその症状が頻繁になってきて週に2、3回起こります。1日寝ていると、次の日には治まります。産婦人科で調べても貧血ではなく、「ホルモンの影響で自律神経のバランスが乱れているせいではないか」と言われました。先日、めまいが起きたときに横になっていて気づいたのですが、右を下にして寝ると浮遊感が和らぐのですが、左を下にすると浮遊感が強く、気持ち悪くなるほどでした。このままの状態で、無事出産できるのかと不安です。

専門家の回答

貧血や血圧も問題なく、浮遊感のあるめまいなら、おそらく血液の流れが悪いために起こっているのではないかと思います。妊娠中は、耳管のむくみや内耳のリンパ液、血液の流れが悪くなり、めまいが起こることがあります。また、睡眠不足、疲労などのストレスによって起こることもあります。また、寝姿勢を変えることで、めまいの感じ方が変わるという症状もあるため、頭の向きを変えたときにめまいが起こる「頭位眩暈症」(とういげんうんしょう)の可能性も考えられます。自然に治ることも多いですが、改善しない場合には、耳鼻科を受診して相談されることをおすすめします。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る