座っていると胎動が肛門に響くことがあります

座っていると胎動が肛門に響くことがあります

妊娠29週です。1週間前の健診では、逆子ではなく、子宮頸管長は40mmあり、特に問題はありませんでした。健診後から、毎回ではありませんが、特に座っているときに胎動が肛門に響くことがあります。腹痛や出血などはありません。おなかも時々張りますが、安静にすればすぐに治まります。
胎動が肛門に響くのは、胎児が下がっているせいなのではないかと心配です。1週間もしないうちに健診がありますが、そこまでは様子を見てもいいのでしょうか?

専門家の回答

胎児の成長にしたがって、胎動を強く感じるようになります。胎児の姿勢にもよると思いますが、特に骨盤位のときには、下肢の屈伸の動きで肛門に響きやすくなります。妊娠29週なら胎児はまだ回転しやすく、健診時に逆子ではなかったとしても、そのあと逆子になることもあります。おなかの張りなどの症状がなければ、次回の健診まで待ってもよいと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る