妊娠後期でもインフルエンザの予防接種はダメ?

妊娠後期でもインフルエンザの予防接種はダメ?

先輩の妊婦や友人の妊婦から「インフルエンザの予防接種を受けた方がいい」と聞いたので、健診の際、担当医に「受けようと思うのですが」と話したところ、「一般的に受けた方がいいといわれていますが、妊婦が受けるのは良くないです」と言われてしまいました。昨年、予防接種を受けたときに、内科の先生は「妊婦も受けた方がいい」と言っていたのに全然違う回答で困っています。妊娠後期でも、妊娠中の予防接種はやはり避けた方がいいのでしょうか。

専門家の回答

不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンは、安全性に優れており、欧米では妊娠中期以降のワクチン接種が積極的にすすめられています。それは、妊婦はインフルエンザに合併した疾患の重症化の危険が高いからです。また、胎児への影響もないと考えられています。ただ、日本では胎児に対する安全性は国内では未確認とされており、妊娠中のワクチン接種は、インフルエンザ感染のリスクが高い場合、また、感染によって重症化する基礎疾患を持っている場合とされており、どちらかというと「任意で接種してください」という位置づけです。最近では、流行傾向があるときは接種する妊婦さんが増えてきているようです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る