不規則抗体の胎児への影響について

不規則抗体の胎児への影響について

現在、妊娠32週です。先月、血液検査で不規則抗体が陽性といわれました。今のところ胎児に影響はないようですが、臍帯を切るときに移行するかもしれないと言われました。その確率や胎児に与える影響などについて教えてください。

専門家の回答

不規則抗体は、赤血球抗体の特異なものであり、以下の3つがあります。
1.Rh式不適合に関係する抗体
2.ABO不適合に関係する抗体
3.その他の不規則抗体
妊娠したときに母体にない赤血球抗原が胎児に存在すると、抗体が母体にでき、それが胎盤を通過して胎児に移行し、免疫反応を起こします。これは、血液型不適合妊娠といって、母児間に血液型不適合の組み合わせが存在したため、その免疫反応により、新生児溶血性疾患が生じるものです。実際には、1のRh式血液型不適合によるものが多いため、Rh(-)の妊婦さんには検査がおこなわれます。溶血性疾患の重症度を調べる出生前診断では、重症の発生頻度は、Rh(-)の妊婦がRh(+)の胎児を妊娠したなかの4%といわれています。「臍帯を切るときに移行するかもしれない」とは意味がよくわかりませんので、受診した産婦人科で確認してみてください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る