臨月に入り、急に便秘になりました

臨月に入り、急に便秘になりました

妊娠36週に入ってから急におなかが痛くなり、便秘になりました。この症状の前から、おりものも少し出るようになりました。これらは、お産が近いことを知らせるサインなのでしょうか?

専門家の回答

多くの妊婦さんは、妊娠中のホルモンの影響によって腸管の動きが抑制され、大きくなった子宮によって腸管が圧迫されたりするため、慢性的に便秘になりやすいものです。特に妊娠中期・後期には子宮が増大し、腹筋が低下するため、さらに便秘になりやすくなります。便秘が強くなると、強い腹痛が起こることがあります。
便秘とおりものだけでは、お産の近さを知らせるサインだとは言えません。一般的には、粘り気のある血液の混ざったおりもの(子宮口付近の卵膜剥離による、出血と頸管粘液の混ざったおりもの)、いわゆる「おしるし」がお産の近さを知らせるサインです。また、胎児が下降し、膀胱が押されてトイレが近くなったり、胃の圧迫感がなくなったり、足の付け根が痛くなったり、おなかが張ってくる症状もサインになります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る