妊婦健診の内診に抵抗があります

妊婦健診の内診に抵抗があります

妊娠6週に入ったばかりです。1週間前に初めて産婦人科へ行き、検査を受けました。 そのときに受けた内診がとても気持ち悪くて仕方ありませんでした。今後、何度も内診するのでしょうか? 不安です。

専門家の回答

内診は、妊娠経過中の大切な検査です。妊娠初期には出血やポリープの有無、おりものの状態、子宮口や子宮の硬さの所見などを確認します。妊娠4カ月ごろからは、おなかの張りや出血などの心配な症状がなければ、しばらく内診はおこないません。
妊娠中期に入ると、経腟超音波検査によって子宮頸管長を測定し、切迫早産の兆候などを確認します。妊娠36週からは、出産に向けて毎週妊婦健診時に内診をおこない、子宮口の開き、胎児の頭の下降度などを確認します。
陣痛が開始して入院から分娩までの間には、分娩の進み具合を確認するために1日に何回も内診をおこないます。そのころには、ほとんどの方が内診に慣れてしまうと思いますが、緊張して力が入ると、痛みや不快感が強くなったりします。深呼吸をして、できるだけリラックスした状態で受ける方が楽になります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る