「本当に帰ってくるんだ!」妻子の帰宅の話は夢じゃなかった!復縁諦めていた夫は心が躍って #僕と帰ってこない妻 416

「僕と帰ってこない妻」第416話。妻が離婚を決意し実家へ娘を連れて帰ってしまった。仕事第一だった夫は、別居中に被災してしまった妻子が暮らす所へ通い、仕事を長期間休んで娘と向き合うように。

娘のことを考え、お世話をするようになり別人のように変わった夫を見て、妻は「娘と一緒に自宅に帰る」決断をした。

このまま別居が続くかもしれない。最悪の場合、離婚になって、もう妻と娘と会えなくなってしまうかもしれない、そう思っていたのに、妻と娘が家に帰って来る……?!

 

大喜びしたものの、肝心な「離婚」については話し合っていなかった……離婚がナシになったわけではないのかもしれない。

 

翌朝目を覚ますと、「私たちも一緒に帰るよ」と言ってくれた妻の言葉が夢だったんじゃないかと不安になったが、スマホには新幹線の空席を調べた履歴が。

 

本当に妻と娘が一緒に家に帰ってくれるのだろうか……。夫は不安を抱えたまま、一人早起きして、家族の朝食の準備をしていた。

 

夢じゃなかった…帰って来てくれる!?

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

「僕と帰ってこない妻」第416話

 

かつて「主婦は家事を全部完璧にやって当たり前」と言い、娘に一切無関心だった夫が、今や早起きして「娘が喜ぶから」と、ホームベーカリーで自家製パンを作るようになっていた。

 

「来週の新幹線、座席取れたから」

 

妻の言葉に胸が躍る。

 

夢じゃなかった……!

本当に帰ってきてくれるんだ……!

 

妻の「離婚」という決断は、もう覆すことができないかもしれない。それだけのことを自分がしてきてしまったし、愛想をつかされても仕方がないと思っていた。だからこそ、夫はうれしくてうれしくて、たまらなかった。

 

「ごめん、俺が昨日取っておけば……!」

「いいよ。気持ちだけ受け取っておくね」

 

そんなお互いを思いやる言葉をまた、交わすことができるようになった二人。このまま何事もなく帰路につけると思っていたけれど……?!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    50 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      水飲んでる時のコップの角度…
      +11 -7
    • 通報
      やっとゆきほの表情が柔らかくなって良かった…
      +88 -6
    • 通報
      これだけ…2・3分で終わる会話をマンガにするんだ。ほんと進まなさすぎが酷い。
      +132 -17

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶